薪ストーブを入れても暖かくない

私は富士山薪ストーブクラブで多くの薪ストーブ愛好家と面識があります。

薪ストーブ一つで家は暖かくなりますよ。
・・・などと工務店や薪ストーブ店の言葉を信じて導入した人もいる様ですね。

色々話を聞いてみると、
冬、薪ストーブで家中暖かく、快適に暮らしている人は少ないです。

つまり、薪ストーブを入れても、暖かく暮らせない!という事です。

薪ストーブに火を入れても寒い

薪ストーブを入れても暖かくならない現実を以下に紹介します。
 

薪ストーブに外気を取り入れていない

スースー隙間風が入り込んで、寒くなっている。

薪ストーブを使うとそんな状態になります。
原因は薪ストーブが隙間風を起こしているからなのです。

隙間風がキャンドルを揺らす

火が燃えるには空気が必要ですから、薪ストーブは空気を吸って、煙突で排気しています。

家の中の空気を薪ストーブが吸ってしまっていれば、家には空気が少なくなります。

薪ストーブが煙突から排気すれば家が外の寒い空気を吸う

それで家が外気を吸うので、隙間風がビュービューと入って来ます。
家が掃除機と同じ状態になるのです。

薪ストーブは掃除機と同じ!?

この問題は薪ストーブが家の外から吸気出来る様にすると解決します。

本来ならば、薪ストーブは外気取入れ口をつけないと暖房の意味がないのです。
しかし、多くの薪ストーブは、掃除機状態で使われているのが現実です。

薪ストーブの外気取入れ口

間取りが悪い

私も薪ストーブさえ入れればどんな家でも、暖かくなると思っていました。
でも、実際は違いますね。

暖気が伝わらない間取り

薪ストーブに合う間取りと合わない間取りがあります。
例えば、下の様な別荘に見られる様な間取り

玄関ホールが家の中央にある家の間取り

家の中央に玄関があります。玄関ホールが見栄えよく大きく作られています。

二階にもトイレにも、どこに行くのにも玄関ホールを通らなければならない間取りです。
でも、暖気は伝わりにくいです。

吹き抜けの玄関は暖かくならない

当然、玄関ドアを開けると外から冷気が入って来ます。
しかも、北側を玄関にしている場合もありますね。

その上、玄関の上を吹き抜けにしている場合は、冬、寒くなるのは当たり前です。

玄関の吹き抜け

居間の大きな吹き抜けは寒い

薪ストーブは居間に設置されている場合が多いです。
居間が大きな吹き抜けになっている間取りの場合、暖気は上に行き、一階は暖まり難くなります。

薪ストーブがある大きな吹き抜けの居間

薪ストーブは大きいので邪魔になります。動線を考えると、薪ストーブは端に追いやられてしまいますね。
それも、暖気が横に移動せず、吹き抜けで上昇してしまう原因になっています。

隙間風が入ってくる

見晴らしの良い高台に家があるなど、吹きっさらしの立地に家が建っていると、隙間風が入って来やすいです。

吹きっさらしに立つ家

家の周りに木があり、防風林の役割をしてくれていると隙間風は起きにくいです。

木に囲まれた家

いくら薪ストーブを焚いても、北風が家にぶつかる様な場合、隙間があれば冷たい空気が入って来ます。

そういう場所では高気密な家の方が、暖房には向いています。

窓が多い

外の光が入り込むので大きな窓に憧れる人もいますね。

断熱材は入った壁と窓のガラスでは、どちらが冷たいかお分かりだと思います。
窓が多いと家が暖まり難いです。

凍てつく窓

そういう場合、内側にさらに窓をつけると暖かくなりますよ。

二重窓は暖房器具!
・・・と言う人もいますね。

二重窓

でも、開かない窓、壁の代わりにガラスが入っている窓などはそうは行きませんよね。
壁や天井一面、ガラス窓って日差しが入って来て暖かいイメージがありますが、冬、寒いです。

ガラス張りの天井

それだからと言って、二重窓になんかしたら、折角の透明性が損なわれ、趣が悪くなりますね。

薪ストーブを入れてもなかなか家が暖まり難いです。

窓が大きい家は暖まり難い

寒い地域に住んでいる

寒い所に住んでいるので薪ストーブを入れているのでしょうね。

でも、上に記した様に薪ストーブで家中、暖かくするのは難しいのです。

そうなると寒い所では家の中で氷点下になる部屋がある
・・・ なんていう事になります。

寒い場所に建つ家

家の中なので、そういう部屋から薪ストーブがある居間にまで冷気が来ることになりがちです。

そうすると薪ストーブがあっても、暖かくなり難いですね。

いずれにしても、薪ストーブを入れれば、家中暖かく快適に過ごせるというのは幻想です。

 

タイトルとURLをコピーしました